ライトリークプラグイン、NewBlueFX Light Leakについて

投稿者: admin 投稿日:

ライトリークプラグイン、Light Leak が収録されるNewBlueFX Filters 5 Refocusについて。せっかくなので特徴とパラメーターを紹介してみる。

優れた点 1:購入しやすい価格設定
1ライセンス$99.00で購入できることは素晴らしい。ディスカウントセールが開催されるので、タイミングが良ければさらに安く購入できる場合もある。

優れた点 2:マルチポスト対応
私の場合はAfter Effectsでのみの利用となるが、Premiere ProやFinal Cut Pro X、Media Composer、EDIUS Pro、DaVinci Resolveで利用できる。もちろんWindowsとMac対応。

優れた点 3:パラメーターがシンプル
良い意味で必要最低限のパラメーターでライトリークを制御できる。After Effectsで利用した場合のエフェクトコントロールのスクリーンショットと、各パラメーターの内容を紹介する。シンプルかつ明快。

Variation:ライトリークのパターンを選択
Rotation:ライトリークのパターンを回転
Scale:ライトリークのパターンのサイズを調整
Intensity: ライトリークの強度を制御
Saturation: 彩度を制御
Hue:色相をコントロール
Blend Mode:ブレンドモード選択
Mix:ライトリークと適用した映像のミックスを調整

Speed:ライトリークのモーション速度を指定
Density:画面上のライトリーク量を調整
Quiet period:画面上にライトリークのない時間を調整
Ease Out:チェックを入れることでクリップ終了とともにリークが終了

Light Leak (ライトリーク)が収録される NewBlueFX Filters 5 Refocusのデモ版はこちらから。ウォーターマークが入りますが、すべての機能を試せます。