After Effectsを英語版で起動する方法

投稿者: admin 投稿日:

After Effectsを英語版で起動する機会は多々ある。例えば VideoHive などのマーケットプレイスで購入した.aepテンプレートを日本語版のAfter Effectsで開いた場合、エクスプレッションエラーはお約束と言っても良い。

開発者が海外のスクリプトも日本語環境でうまく動かないことがある。国外のアーティストとプロジェクトファイルをやり取りする場合も、日本語版のAfter Effectsで開くとエクスプレッションエラーは当たり前のこと。これはアプリケーションの言語に依存するため、バグと言うよりもAfter Effectsの仕様のため仕方がない。回避したければ、英語版のAfter Effectsでプロジェクトを開けば良いだけ。

After Effectsの英語版起動も面倒なことでない、下記の手順で行えば1分もかからず英語版で起動できる。

①ファイル名がae_force_english、拡張子が.txtのファイルを作成する。
②作成したae_force_english.txtをドキュメントフォルダ(Windows)にコピー。
※Mac版の場合は、ドキュメントフォルダではなく書類フォルダにコピー。
③After Effectsを起動。

上記の3ステップでAfter Effectsを英語版として起動できる。日本語に戻したければ、ae_force_english.txtを削除するか、例えばae_force_englishAAA.txtとファイル名を変更すれば良い。

エクスプレッションエラーは何とかして欲しいなと思った頃もある。今はもう言っても始まらないし、After Effectsを英語版で起動していれば回避できるので気にもしない。運用で何とかすれば良いこと。

カテゴリー: After Effects